SSブログ

「東京奇譚集」村上春樹 [読書]

沼田は本をかなり読むほうだが、あまり小説を読まない。
小説を読む、という行為が「暇つぶし」だと感じてしまうからだ。
だから、もっぱら堅苦しい、もしくは新書などで、学習するという点を重視している。が、小説が嫌いなわけではない。読んでおもしろいし、記憶にのこるのはどちらかというと小説のほうだ。けれども、村上春樹は嫌い。もっとも嫌いな作家。読んでいて、沼田の思考が停止してしまうような箇所が多い。具体的には「どうして、このタイミングでセックスし、また、それを小説の中に描くのか?」がよくわからない。「ノルウェイの森」を高校のとき読んで、「これはエロ本だろ?」と思った。
といいながらも、もっとも作品を読んでいるのは村上春樹だったりする。弟が大好きで、いつも家に置いてあったからかもしれないし、よく理由はわからないが、嫌い嫌いといいながら、読んでいる。

そして、「東京奇譚集」。

これは傑作。
個人的には村上春樹の小説なの中でもベスト3に入るかも。
まだ、半分しか読んでいないが、最初ピアノの調律師の話。
サメに子どもを殺された母親の話と、非常にまとまっているし、テーマが「奇譚集」ということで、みえやすい。偶然と必然と不思議な、奇妙なそんなお話をご覧下さいということで、(それが小説としてはあたりまえなのだが、)不思議な話があるのだな、といことが、非常に「うんうん」と素直に作品として読み込める。
どこか今回の短編集は江國香織作品と似ている気がする。
「神の子どもたちはみな踊る」が好きな人にはお薦め。

「忘れっぽいのが悪いんじゃない。忘れることが悪いんだ」

東京奇譚集

東京奇譚集

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/09/15
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

「NANA」「本屋さんになる!」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます